GIMP ドロップシャドウを上手く使おう♪

 ドロップシャドウっていうのは、画像に影をつける機能になります。
今回は、ドロップシャドウの使い分けについてご質問をいただいたので
参考にして頂ければと思います(^^)/

ドロップシャドウのチェックについてドロップシャドウのチェックについて

この差、わかりますか?

では、一つづずつ確認して行きましょう~♪

 

影が、キャンバスのサイズよりはみ出した方がよいケース

現在は、アバターの画像と背景画像があります。
影をつけたいのが、アバターの画像なので、アバターの画像を選択します。

image

 

 

 

 

メニューの「フィルター」→「照明と投影」→「ドロップシャドウ」を選択します。

image

 

 

今回は、オフセットx:X4、Y:4 ぼかし半径15 色は黒で設定しています。
ここは、お好みでどうぞ~(^^)/

image

 

影が、初期設定のキャンバスサイズより、はみ出しました。
はみ出した分は、キャンバスが拡大されます。

image

 

それを、PNG形式で保存すると

 image

微かですが、影が背景よりはみ出して見えています。
影が自然な感じでつきます。

 

 

これが、チェックを外して「OK」を押すと・・・。

image

 

 

image

 

ということで、

この場合は、チェックを外した方が、影が自然で
キレイですね♪

※わかりやすいように、今回背景に色を設定しています。

 

このブログのフッターに設定している私のアバターも
こんな感じで設定しています。

 

 

キャンバスから画像をはみ出させ、影をつけたいケース

ヘッダーやバナー作成などで

わざとキャンバスから画像をはみ出させ、影をつけたいケースもあります。

 

サンプル例↓

image

 

 

そのとき、キャンバスのサイズを優先させたい!
キャンバスからはみ出た部分の影は、表示させたくない場合は、

 

影をつけたいレイヤーを選択します。

image

 

「フィルター」→「照明と投影」→「ドロップシャドウ」を選択し

image

 

 

チェックをはずして「OK」をクリックします。

image

 

 

左側の画像に影が付きましたが、キャンバスのサイズは変わりません。

image

 

 

同じように、右側の画像も影をつけたい場合は

①影をつけたいレイヤーを選択し
②「フィルター」→「ドロップシャドウの再適用」を選ぶと詳細画面を出さずに設定できますよ(^^)/

image

 

 

出来上がったサンプル画像です。

image

 

と、ドロップシャドウを使い分けてみてくださいネ!

ではでは~(^^)/

 

もっと詳しく、ブログ作成のための画像編集を勉強するならkijibana

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

ikurademo

こんにちは!ikuraです。

こちらのブログでは、フリーで使えるGIMPを使ってネットビジネスのサイトに必要な画像編集のノウハウをお伝えしていきます(^^♪

サクセスアフィリ塾リーダー

→ 詳しいプロフィール

スカイプ無料相談受付中!

skypeside

ブログランキングに参加中♪

応援ありがとうございます♪

おきてがみ

ご訪問ありがとうございます♪

 

 

このページの先頭へ

pagepeel by webpicasso.de