GIMPで画像の周りを簡単にぼかす方法

前回の記事の続きの画像を使用して
GIMPで簡単に画像の周りをぼかしてみましょう(^^)/

 

完成は、このような感じになります。

yukidarumasiro

周りをぼかした画像を、ブログの記事に使いたいこと結構ありますよね~♪

 

では、はじめましょ~(^^)/

 

①左側のツールボックスから「矩形」ツールをクリックします。

image

 

②斜めにドラッグして、しっかり表示したい部分を選択します。

image

 

③左側のツールオプションから
「境界をぼかす」にチェックし、数値を20.0

「角を丸める」にチェックし、数値を5.0で、今回はご紹介していきます。

image

 

ぼかす数値や角を丸めるの数値は、いろいろ変えてみて下さいね(^^♪

 

画面は、このような表示になります。

image

 

 

現在は、下の図のように角丸四角形の中が選択されている状態ですので
ピンクで塗られていない外側を選択し、その部分を消すという事にします。
※説明だけですので操作の必要はありません。

image

 

 

④メニューの「選択」をクリックします。
一覧から「選択範囲の反転」をクリックします。

image

 

周りが、ぼけました~。

ケース①

image

 

ケース②

image

 

ケース①の場合は、ケース②のようにしたいです。
ケース②の画像の外側に見える市松模様は、透過の意味なのです。

なぜなら・・・。

この画像を、背景が白いものに使用するのであればこれでOKです。
それ以外の場合は、このように表示されます。

image

 

白い部分が、ちょっとカッコ悪いですね(^-^;

 

こうなればぼかし方が自然ですよね(^^♪

image

 

では、ケース②のようにしてみましよう(^^)/

 

右側のダイアログから「作業履歴」のタブをクリックします。
「元画像」をクリックします。

image

 

 

この状態にします。

image

 

 

メニューのレイヤーから「透明部分」→「アルファチャンネルの追加」をクリックします。

image

 

 

この設定の後残念ながら今のところ、見た目は変化はありません。
このまま続けましょ~(^^)/

もう一度復習になりますが①~④まで操作してみてくださいネ!

完成は、こんな感じです。

image

 

外側が、白ではなく市松模様になっていれば、成功です(*´▽`*)

 

あとは、ブログに使用したい場合は、半角英数字のファイル名でPNG形式で保存しましょう。

 

ここで、JPEG形式で保存すると、
ケース①と同じになってしまいますので、注意しましょう(^^)/

 

動画でも、解説いたしました~\(^o^)/

 

では、ぜひブログの記事などに使用してみてくださいネ(^^♪

One Response to “GIMPで画像の周りを簡単にぼかす方法”

  1. まねきねこ より:

    ikuraさん
    また訪問させていただきました。
    こちらの画像入りの記事を拝見させて
    頂いて、
    画像の印象も少しのことで
    ずいぶん変わるんだな、
    ということと、
    加工がわかりやすいので、
    結構自分でもできるかも、
    という気にさせて頂いています^^。
    いつも参考になる記事を沢山ありがとうございます(^^♪
    今後ともどうぞよろしくお願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

ikurademo

こんにちは!ikuraです。

こちらのブログでは、フリーで使えるGIMPを使ってネットビジネスのサイトに必要な画像編集のノウハウをお伝えしていきます(^^♪

 

→ 詳しいプロフィール

スカイプ無料相談受付中!

skypeside

ブログランキングに参加中♪

応援ありがとうございます♪

おきてがみ

ご訪問ありがとうございます♪

 

 

このページの先頭へ

pagepeel by webpicasso.de