GIMPデザインセミナーを受講しているMさんから
GIMPとJtrimの違いについて、ご質問を頂きました。

その記事はこちらです。

 

 

実際、私のアバターで画像編集してみました。

 

スポンサーリンク

 

サイズを原本ファイルの2分の1の大きさにして
背景を透過。

左上に、同じ書体で
影を入れる文字装飾をして見ました~。

 

完成したが画像で比較してみると

 

Jtrimで作業したもの 

annai

 

GIMPで作業したもの

gimp

 

あごの輪郭や足の線のところが違いますね~。

 

 

今回のように背景が白であればごまかしがききますが
やはり、Jtrimは一度確定していしまうと
一部分を移動するのが大変です。

 

スポンサーリンク

 

Jtrimで作成した合成画像は後から部分的に動かせない

 一度作成すると、字もアバターも動かせません(^-^;

 

完成したものの
「アバターの位置だけ動かしたい」場合

jtrm2

背景のある画像の場合は、こんな感じになってしまいます。
修正するのが大変です。

 

 

GIMPで作成した合成画像は後からでも編集可能♪

gimp2

 

一度、完成したものでも、xcf形式のファイルさえ保存してあれば
こんな感じで、何度でも変更できます。

 

GIMPの場合は、

位置・大きさ・向き・文字の装飾も変更できますし、
文字の部分のレイヤーだけを 
他の画像に使いまわすなんてこともできます。

 

 

何度も修正になりそうな画像編集は、やはりGIMPを オススメしたいikuraでした。

 

スポンサーリンク